ほーむorあうぇい

『モアナと伝説の海』の感想

※この記事は公開中の映画のネタバレが含まれるよ!
※あと若干ディズニー過去作のネタバレもあるかも!!

 

 

ディズニー映画の『モアナと伝説の海』を見てきました。
正直衝撃のまま数日泣いて過ごしました……!

いやー素晴らしい。
それ以上に私向けすぎてやばかったです。

一昨年くらいから米国映画がやたら良くなったんですよね。
最初に感じたのは『マッドマックスFR』なんですけど。
今まで納得いかなかったジェンダーや価値観に対してすごく納得感があって、そこからかなり安心して映画に望めるようになりました。

ディズニーですと去年の『ズートピア』が有名でしょうか。
(実のところおっさんと若い娘さんのコンビと言う組み合わせが完全に個人の問題で苦手でして、あとあと、大好きなロビンフットを作った所が「狐はヒーローじゃない!」的なことを言ってくるのが「ヒーローでしょ!!!!!!」って感じで怒ったり何だりしていまして、まあそれは横道にそれますね)

つまりは、今作はディズニープリンセス作品でありながら恋愛が絡まない初めての作品で、ジェンダー周りにはかなり気を使い成功している作品なのです。
私も見ていて自分のジェンダーや価値観が侵されてる気がしなかったのでその辺は安心です!

話の筋が単純であり、テーマもかなり弱いので作品のレベルとしては実のところ『ズートピア』の方が良いんじゃないかなあと思います。
しかし、テーマが薄いことによりより一層鼻につく感じが薄まっていて純粋に泣いて興奮できるエンターテイメントになってる気がしてると思いました。

 

とまあ、ここまではふわっとした作品評価です。
他所様のレビューを見て、私もそうだなあと思ったような適当なことを書いてます。
重要なのはやっぱり私が何をどう気に入りまくったかって話ですよ!!!!!

 

 

1・モアナと言う主人公が理想的すぎる

私!!!! 南国少女!! 好き! です!!!!!!!!!

最高に可愛い。
本当に良い。
ディズニーでここまで萌えたことがある???ってレベルで萌えまくりです。

褐色!黒髪!原色の世界!健康そう!えっちい身体!
コレが!南国少女!だろ!!って言う力強い属性のオンパレード。

そ の 通 り で す 。

本当に素晴らしい南国少女属性盛り盛り。

恋愛をやらない!ってしてるけど、モアナはすごく見た目が女の子なんですよ。
ロングヘアーだし。
花なんか刺してるし。
スカートひらりだし。
だから見た目的には満点健康的な南国美少女!!!!

そんな彼女が世界最高の3Dアニメーションで飛んで走って画面を回る!
ほんとにディズニーTOPのアクションシーンの盛りだくさん!
素晴らしい。
ちょっとくるりと回りだけで髪がふわりと揺れて広がってすんごい萌える。
あああ、私が見たい女の子のアクションだわ……と言う理想がそこにあるのです。

 

 

2・女の子の冒険!

私はひたすら女の子が主人公のゲームを作っています。
それは小さい頃に見た児童小説だったり少女漫画だったりで「女の子の冒険」に魅入られて、そんでもってそんな作品が「書籍」でしか見当たらなかったからなんですよね。

無いなら作るから!

まあ、あっても作るんですけど!!

私の言う「女の子の冒険」って主人公が女の子であるだけではちょっと足りなくて。
それはまだうまく言語化できないんですけど、たぶん目的の設定だったり、大事に思うものだったり、技術だったり、後大事なのは「ただ男の子の冒険」の主人公を女の子に変えただけではダメってことですかね。
モアナはそういう私のまだ分かってない理想もすごくハマってて最高でした。

モアナは家事や優しい心を旨とした女の子ではなかった。
そういうのがダメってわけじゃないけれど、冒険の主人公に求めているものではない。
彼女の武器は決断力と体力ですかね。
冒険するのに相応しい。
んでもって、女の子であることを捨ててないのがすごく良い温度だった。

あ、彼女は勇気ではなく決断力だと思ってます。
彼女が決める時は現状を知って一番良い道を選んでいるんですよね。
無謀なシーンが幾つかありますけど、それは「必要であること」をかなり明確に分かってから行動していて、天秤にかけてるというか、ちゃんと分かってますよね。良い。

 

 

3・師の設定

これは映画を見終わった後反芻して「あーーーあーーーあーー」ってなってたんですけど、モアナは非常に師の描写が多い主人公だと思います。

たぶん目立つのはマウイかな?
彼はもうひとりの主人公ですからね。

彼はまあ、元人間の神様です。
たぶんあの世界では一番海で生きる技術を知っています。
必要に迫られてとは言え割りと無知で海に飛び出したモアナが冒険を続けられたのはマウイの指導の賜物ですね。
モアナは彼から教わった船の技術で最終決戦に挑みます。

もう一人の師はタラおばあちゃん。
彼女はモアナの精神的な面の師ですね。
おばあちゃんすごい優しいし理解者だし面白い人なんですけど、モアナが問題に直面する時は煽って必ず自分自身で決めるようにしていて、モアナが冒険するにあたっていちばん大事な決断力はおばあちゃんによって育まれてます。
夏木マリはずるいからぁ!

内面と技術の二人の師の描写がすごく良い。
(ご先祖様たちをどうカウントするかは少しまよう)
これは登場人物を絞った結果だと思いますね。

モアナは勝手に成長するわけじゃなくて、すごく周りに生かされている……そして次に村を導いてく存在になるんですよ。
彼女は「高貴な女性」ではなくて「指導者」としてのプリンセス描写がすごく多い気がします。

 

 

 

4・アクションシーン

ちょっと真面目そうな思想に関して語ってみた後にこれなんですけど、モアナ、すんごいアクション良いです。
戦ってない時も非常に良いので動いている映像が良いというのかな?

ロープアクションは非常に良く出てくるんですけど、縦横無尽にロープに捕まって戦うシーンやロープに捕まって船にギリギリに捕まってるシーンとかすごくパターンが多い。
宣伝に使われているのは波がモアナの周りだけ引いてるシーンかな?
あれは動きは強くないんですけど、絶えず水が揺らめいてその中で魚が泳いでいて、それに対してモアナの動きがゆったりですごいですよ!!!!

魅せシーンが無茶苦茶多い。
前々からあるようなミュージカルシーンもアクションが強くてすごく見ごたえがある

映像の良さと音楽の良さに関して言葉に語るのは難しい
とりあえず貼った公式動画でも見てみて下さい!!!

 

 

 

 

最後に

ナウシカが湯婆婆に導かれてウォーボーイズと戦いながらデイダラボッチに首を還しに行く話ってのはすごく分かります……
そしてその作品名が全て監督から出ていることを考えると力強い影響なんだなあと思うのです。

 

 

Tagged on: ,