任天堂のpvってやたらうまくなったよね。(2017E3)

毎年恒例のE3の記事。
放送の感想を語るのも良いんですが、今回は思ったことがあるので、そちらを記事にすることにしました。

まずは最近の任天堂のpvを見てみてください。
この辺紹介したいのが今回の記事なのです。

(動画を当サイト的には多めに貼っておりますので、一旦折りたたんでおきます)

 

 

 

放送で何が一番度肝を抜いたかって、スーパーマリオオデッセイのトレーラーなんですよ。
(このページ一番上の動画)
まさかマリオまであんなに見ごたえのあるpvが出てくるとは夢にも思わなかった。

マリオって素晴らしい安定感で、それはもう常に90点出すような安定感で、画面を見てSEを聞いて、どこをどう切り取っても「いっつゆーまりお!」って感じな作風だと思ってたんですよ。

ところがどっこい「え?恐竜?モンハン?それとも?何のRPG??」と言う始まり。
そして流れ出すハッピーでごきげんなブロードウェイヴォーカル曲。
敵やオブジェクトをなんでも乗っ取れるという「絶対それ楽しい!」と言う要素。
極めつけは背中だけ映るこの曲を歌ってるであろう見覚えのある歌手の姿(のちにポリーンだとほぼ確定)

これらが、歌詞に合わせてストーリー仕立てで展開されていきます。

たった2分半の、プロモーションのための動画なのに非常に面白い。
これを見るだけでゲームを買わなきゃという気持ちにさせられます。

 

個人的にはスプラトゥーンがかなり転機だったのかなあ?とか思うんです。
ニンテンドーダイレクトは、みんな任天堂が供給してくれるプロモーション動画を見る下準備で、それにとどめを刺した?のがスプラトゥーンの動画の良さ。
どの動画も特徴的な曲に合わせてキャラがコミカルに動き、プロモーションだと言うのに何度も飽きることなく見続けました。

そしてその路線がゼルダにも引き継がれ、新シリーズのARMSはTwitterでの戦略も含めてスプラトゥーンを踏襲し、そして任天堂の大本命マリオ本編にまで繋がったという。

 

結局何がいいたいのかというと細かいことガタガタ言わないで任天堂の公式You Tube見るといいのですよということであります。
にゃにゃにゃネコマリオはNHK教育のミニ番組を思わせるし、よゐこの実況プレイは色々あるしで非常に楽しい。

あとあとっ、私より先にこの件に関してちゃんと語ってらっしゃる方がフォロワーさんにいらっしゃってニアミスしてしまいました。
スマブラのことにも触れられてて「あ! そうかも!」となります。

『スーパーマリオオデッセイ』に見える、任天堂の情報発信方法の現在 やまなしなひび-Diary SIDE- http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-2284.html